ED Generic

EDジェネリック医薬品通販比較

ジェネリック(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品とは

後発医薬品(こうはついやくひん、Generic drug)とは、物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造或は供給する医薬品であり、ジェネリック医薬品とも言われています。 特許の対象は、有効成分、製造方法、効能効果、用法用量など多岐に渡ります。 なお、後発医薬品に対して先発の新薬は先発医薬品と呼ばれます。

ジェネリックという名前について

以前は先発医薬品の特許権が消滅すると後発品がゾロゾロ出てくるので後発医薬品は「ゾロ」「ゾロ品」「ゾロ薬」と呼ばれていました。 昨今は後述のように厚生労働省主導で普及へむけての政策が進められており、世間一般の捉え方は変化してきています。

同じ有効成分の薬でも後発品は複数存在し、その商品名は会社によって異なります。 医薬品の有効成分は一般名 (generic name) であらわす事が出来るので、欧米では後発品を処方するのに一般名を用いることが多い様で、後発品に対して「ジェネリック医薬品」と云う言葉が使われるようになったのだそうです。

日本におけるジェネリック医薬品の普及率

他の先進国に比べ、日本では普及が進んでないのが現状です。 普及を妨げる理由には安定供給がなかなか難しいという後発医薬品メーカーの問題のほか、効果や安全性の面で必ずしも信頼できないとする意見がある為だとされています。

後発品の普及はアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツなど先進各国で進んでおり、その普及率はアメリカ71%、カナダ66%、イギリス65%、ドイツ62%といずれも60%を越えています(2009年・数量ベース)。 一方、日本の普及率は20%程度に留まります。

現在、日本でも医療費抑制のため厚生労働省主導で後発医薬品の普及が進められています。 この動きにあわせて各医薬品メーカーは後発医薬品(ジェネリック医薬品)の積極生産へシフトしつつあるようです。

郵便局留め 簡単再配達 海外代金引換便